インフルエンザ、SARS、はしか

32号 2003年10月25日
沖縄県感染症サーベイランス担当 真栄田 篤彦

この冬に備えて、予防接種を

 ことしの冬のインフルエンザ流行に関しては、SARS(重症急性呼吸器症候群)発生との区別が付きにくいので、要注意です。

 SARSの初期症状はインフルエンザの初期症状と殆ど同じです。発熱、節々の痛みなどは区別が付きません。激しい咳症状ぐらいが違いと言えばいえます。ただし、インフルエンザでも肺炎になることがありますので、ますます区別が付かなくなります。

 このような診断の混乱を避けるためには

  1. インフルエンザの予防接種を受ける。
  2. SARSの流行地への旅行を避ける。
  3. SARS流行地からの旅行者や、帰国者との接触を避ける。
  4. 発熱がでたら、医療機関へ早めに電話して指示を受ける。

 相談結果で

  • インフルエンザらしい場合
    医療機関で早期に治療を受ける。
  • SARS(重症急性呼吸器症候群)らしい場合
    最寄の保健所へ電話相談し、保健所からの指示を受ける。

 上記の理由で、今年の冬に備えて早めのインフルエンザ予防接種を受けましょう。

はしか予防接種

 1才になったらはしか(麻疹)の予防接種を受けましょう。沖縄県内でのましん予防接種率を95%まであげるように鋭意努力しています。特に那覇市の皆様へお願いします。