子どもたちの健康を願っています
診療科目
小児科、内科
院長
真栄田 篤彦(マエダ アツヒコ)
TEL
098-867-0010
住所
〒900-0036
沖縄県那覇市西3丁目4-1
アーバンビュー西町
駐車場
有り
FAX
098-860-3285
アクセス
ゆいレール旭橋駅から徒歩12分
パシフィックホテル沖縄から那覇港方向へ約100m

沖縄臨床検査センター 検査誤報告のお詫び

令和3年3月12日

(株)沖縄臨床検査センター
代表取締役社長 真栄田 篤彦
検査担当役員 名嘉 正光

検査誤報告のお詫び

 令和3年3月5日の当社におけるPCR検査で、検査結果に誤りが見つかり、3月7日までの再検査をして、それが間違いであったとの報告を受け、直ちに3月7日午後1時過ぎに保健所への訂正の届けを電話、並びにメールで返送しました。原因究明もせずに、混乱の中、至急間違った報告をしました。しかし3月8日に再度、過ちの原因分析と訂正報告を保健所に提出するように担当技師長に指示しました。患者様や保健所の担当の皆様方にも、多大なご迷惑をおかけしました。重ねて深謝致します。

 以下に当社で精査、原因分析と再発防止対策につきまして保健所への訂正報告を致します。今後とも、御指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

検査誤報告の経緯

【経緯説明】

  1. 令和3年3月5日(金)受付の検査で、「陽性」と判定した検体Bについて、結果報告を保留にすべきところ、保留操作をせず「陽性」と報告していた。通常検査結果が「陽性」の場合は、必ず再検査をする運用であった。しかし、当日は、再検査を実施する一方、結果送信が先に行われてしまった。再検査は「陰性」であった。
  2. 初検値と再検値の乖離があったため、翌日3月6日(土)午後に再々検査した。
  3. 翌々日の3月7日に判定の結果、再々検査値は「陰性」と確定した。他方、「陽性」検体の存在を調査するため、3月7日に3月5日同時アッセイした全検体18件をすべて再測定することとした。
  4. 測定結果、初検値「陽性」検体は「陰性」、他方、すでに「陰性」報告とした那覇市保健所検体(A様)の検体Aを「陽性」と確定した。
  5. 調査の結果、那覇市保健所検体(A様)が「陽性」となったため、指導医に相談し、判断をあおぐこととした。
  6. 作業工程の調査結果、前処理実施時の作業工程で、8連チューブが逆転した可能性があるが、どの時点で逆になったかの詳細は不明である。
  7. 8連チューブの先頭がA様「陽性」、最後の8番目が「陰性」となった。
  8. 指導医から、那覇市保健所から依頼のあった(A様)は「陰性」と報告していたが、実は「陽性」であることを那覇市保健所に説明していただいた。
  9. 指導医より、3月8日(月曜日)午前8時45分に再度事実関係を調査し、報告するよう指示があり、調査した結果、上記の結論に至った。

【原因分析結果】

前処理時の試薬分注及びスピンダウン時にプレートに戻す際に逆になったと思われるが、詳細は不明である。PCR測定機器の検体設定位置を確認したところ、8連チューブの先頭と最後の8番目が逆になっていることが判明した。

【再発防止策】

  1. 再検査時の結果報告は必ず「検査保留」する運用を徹底する。
  2. ワークシート(再検査中の検体は丸印し陽性検体№欄にIDを記載する)を報告担当者に手渡しする。
  3. 再検査の結果、不一致や乖離が見られないことを確認してから最終報告とする。
  4. 検査システムへの結果送信時に再検査中の検体は送信できないようにする。
  5. 8連チューブは原則使用中止し、プレートを使用する運用とする。

コロナウイルス感染拡大を防ぐための手段

コロナウイルス感染拡大の予防のためには

発熱・咳の有る方・においがしない・味がしない方は仕事を休み安静にして、電話でかかりつけ医に相談して下さい。

健康な方がコロナウイルス感染症にならない方法

  • 不要不急の外出を避けること
  • 不特定多数の人が集まる場所に行かないこと
  • 換気の悪い密閉空間、多くの人が密集する場所、近距離で密接な会話(東京都知事発表)を避けること
  • マスクをすること
  • アルコールによる手洗いをすること
  • 日頃から過労・ストレス・睡眠不足を避けること

以上、ほとんどの方が実行・守れる行動です。是非、日頃から実行して、コロナウイルス感染症を終息させましょう!

東北医科薬科大学病院の感染予防ハンドブック

東北医科薬科大学病院が「新型コロナウイルス感染症〜市民向け感染予防ハンドブック」を発刊しました。

ぜひダウンロードして、ご家庭の感染予防に役立ててください。

診療日

受付時間 9:00〜11:30 14:00〜17:30
【休】
【休】
日、祝 【休】 【休】

休診日: 木曜の午後、土曜の午後、日曜、祝日

詳細情報

専門分野
小児血液疾患
設備医療機器
X線装置
心電計
予約制
病床数
0
障がい者用トイレ
在宅医療
訪問診療=無
往診=無
訪問看護=無
訪問リハビリ=無
セカンドオピニオン
セカンドオピニオン受診可能
セカンドオピニオンのための情報提供可
治療/対応可能な疾患
手足口病
突発性発疹
はしか
水ぼうそう(水痘)
おたふくかぜ
専門的な治療・特色
小児のアレルギー
小児喘息
小児食物アレルギー
小児ワクチン
肝炎ワクチン
肺炎球菌ワクチン
髄膜炎菌ワクチン
インフルエンザワクチン

今月の医療情報

感染リスクの高い「5つの場面」に気をつけましょう!

242号 2021年 3月 21日 新型コロナウイルスは、飛沫感染や接触感染によって感染するので、3密(密閉・密集・密接)にならないようにしましょう。 感染リスクの高い5つの場面に注意してください。 <1>飲酒を伴う懇親 …

子ども予防接種週間

241号 2021年 2月 19日 4月からの入園・入学に備えて、必要な予防接種をすませ、病気を未然に防ぎましょう! 3月1日(月曜)~3月7日(日曜)は子ども予防接種週間です。4月からの入園、入学などで集団生活をおくる …

みんなで守りましょう!

240号 2021年 1月 23日 基本的な対策をみんなで守りましょう。 <1>マスク 鼻、口、あごをおおうようにマスクをつけましょう。 鼻の部分をおさえてフィットさせ、隙間がないようにしましょう。 使用中、口周りを覆う …

感染リスクが高まる「5つの場面」

239号 2020年 12月 20日 新型コロナウイルスは、飛沫感染や接触感染によって感染するので、3密(密閉・密集・密接)にならないようにしましょう。 感染リスクの高い5つの場面に注意してください。 <1>飲酒を伴う懇 …

冬こそ換気が大切です!

238号 2020年 11月 20日 1時間に5~10分、部屋の空気を入れ替えましょう 冬場は、室内で三密になりやすくなります。こまめに換気しましょう。 換気の方法は、まず部屋の対角線上にある窓を開け、空気の通り道をつく …

インフルエンザの予防接種を受けましょう

237号 2020年 10月 21日 ツインパンデミック 今季は、新型コロナと同時にインフルエンザの流行が広がる「ツインパンデミック(双子のパンデミック)」が懸念されています。 インフルエンザと新型コロナウイルス感染症は …

2020~2021年シーズンのインフルエンザワクチン株について

236号 2020年 9月 20日 インフルエンザ予防接種 季節性インフルエンザの流行時期は、12月~3月です。 流行時期のひと月前に予防接種を済ますことが理想です。季節性インフルエンザにそなえて予防接種を受けましょう。 …

麻疹風疹の予防接種をうけましょう!

235号 2020年 8月 21日 予防接種をまだうけていないかたは、ぜひ予防接種をうけましょう。 第1期、第2期のお子さんは無料です 第1期生後12月~24ヶ月未満(1歳~2歳未満) 第2期5歳~7歳未満の者で小学校に …

食中毒に注意しましょう!

234号 2020年 7月 22日 梅雨から夏にかけて「食中毒」になりやすい時期です。食中毒は正しい知識で予防することができます。 食中毒は激しい嘔吐、下痢、腹痛などの症状が現れます。症状が現れたら、すぐに病院へ行きまし …

熱中症予防行動のポイント

233号 2020年 6月 25日 熱中症は、体内の水分と塩分の不足でおこります。 梅雨明け前後は、まだ体が暑さに慣れていない時期なので、脱水症状になりやすいので、注意しましょう。 1 暑さを避けましょう 室内にいても熱 …

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」

232号 2020年 5月 23日 厚生労働省から、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例が示されました。「新しい生活様式」を日常生活の中で取り入れて、感染拡大を予防していきましょう。 1 一人ひとりの基 …

人との接触を8割減らす「10のポイント」

232号 2020年 4月 24日 政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が人との接触を8割減らす「10のポイント」を公表しました。 緊急事態宣言の中、誰もが感染するリスク、誰でも感染させるリスクがあります。新型コ …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.