新型インフルエンザの診療について

103号 2009年6月30日
沖縄県感染症サーベイランス担当 真栄田 篤彦

 新型インフルエンザの症状は、通常の「季節性インフルエンザ」の症状のほかに下痢とおう吐が多く見られます。

 症状がでたら、かかりつけの医師(もしくは病院)に電話で問い合わせをしてください。待合室を変更したり、診療時間を分けるなど、感染防止措置をとることがあります。

 感染拡大を防ぐため、症状のある方はマスクを着用しましょう。

 地域の保健所(発熱相談センター)は、適切な医療機関の紹介、自宅療養している方の相談対応などを行っています。

 糖尿病やぜんそく、心臓病など持病のある人は重症化する可能性があります。インフルエンザの症状がでた場合、できるだけ早く電話でかかりつけの医師に相談してください。

受診の流れ(厚生労働省資料)