新型インフルエンザの潜伏期間

102号 2009年05月19日
沖縄県感染症サーベイランス担当 真栄田 篤彦

 新型インフルエンザの流行は急激に拡大しています。現在、新型インフルエンザの潜伏期間は4日間を中心に、1~7日間と考えられています。

 症状は、通常の「季節性インフルエンザ」の症状のほかに下痢とおう吐が多く見られます。

 症状が出た場合は、まず地域の保健所(発熱相談センター)に相談しましょう。発熱相談等は以下の県内各福祉保健所にお問い合わせ下さい。直接、医療機関に行くことは感染を広めることになるので、絶対にしないでください。

◆平日9:00~17:00

北部保健所 TEL:0980-52-5219
中部保健所 TEL:098-938-9701
中央保健所 TEL:098-854-1005
南部保健所 TEL:098-889-6591
宮古保健所 TEL:0980-73-5074
八重山保健所 TEL:0980-82-3240

◆夜間(平日17:00以降~翌朝9:00)、休日(土日祝祭日)

夜間・休日相談窓口 098-866-2165

保健所の指示にしたがって、行動してください。

 糖尿病やぜんそく、心臓病など持病のある人は重症化する可能性があります。インフルエンザの症状がでた場合、できるだけ早く電話でかかりつけの医師に相談してください。