259号 2022年 10月 1日

今季のインフルエンザは「大きな流行の可能性も」

WHOの報告では、南半球、オーストラリアで2022年夏にインフルエンザの流行がありました。

日本では前シーズンのインフルエンザの患者数が極めて少なかったため、集団免疫が形成されていないと考えられています。こうした地域でウイルスが保存され、国境を越えて人の移動が再開されれば、ウイルスが拡散される可能性があり、海外から持ち込まれれば「大きな流行を起こす可能性も」あります。

インフルエンザの予防接種を受ける理由

  • インフルエンザと新型コロナウイルス感染症は初期の症状(発熱、咳など)がよく似ています。そのためどちらか見分けにくいのですが、インフルエンザの予防接種を受けていれば、より正確に診断しやすくなります。
  • インフルエンザが流行し始める前に、十分な数の人がワクチンの接種を受けておけば、感染の広がり方を変えたり、抑えたりできる可能性があります。

接種時期

季節性インフルエンザの流行時期は、12月~3月です。流行時期のひと月前に予防接種を済ますことが理想です。

※新型コロナワクチンと接種時期が重なる場合、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種できません。 新型コロナワクチンとその他のワクチンは、お互い片方のワクチンを受けてから2週間の間隔をあける必要があります。