2009~2010年シーズンの季節性インフルエンザワクチン株

107号 2009年 9月 19日
沖縄県感染症サーベイランス担当 真栄田 篤彦

 2009~2010年シーズンの季節性インフルエンザワクチン株が決定しました。

 季節性インフルエンザの流行時期は12月~3月です。流行時期のひと月前に予防接種を済ますことが理想です。季節性インフルエンザにそなえて予防接種を受けましょう。予防接種の回数については、医師にご相談ください。

 今シーズンは新型インフルエンザワクチンの製造を増やすために、季節性インフルエンザワクチンの製造は例年より少なくなる見込みです。接種を希望の方は、早めにご相談ください。

シーズン Aソ連型株 A香港型株 B型
今シーズン
2009~2010
A/ブリスベン/59/2007(H1N1) A/ウルグアイ/716/2007(H3N2) B/ブリスベン/60/2008
昨シーズン
2008~2009
A/ブリスベン/59/2007
(H1N1)
A/ウルグアイ/716/2007
(H3N2)
B/フロリダ/4/2006

 

接種しないほうがよい場合

  • 発熱している。
  • 重い急性疾患にかかっている。
  • アレルギーを持っている