インフルエンザワクチン株

91号 2008年 9月 17日
沖縄県感染症サーベイランス担当 真栄田 篤彦

 2008~2009年シーズンのインフルエンザワクチン株が決定しました。
インフルエンザの流行時期は12月~3月です。流行時期のひと月前に予防接種を済ますことが理想です。インフルエンザにそなえて、インフルエンザワクチンの予防接種を受けましょう。予防接種の回数については、医師にご相談ください。

 ワクチンには、そのシーズンに流行が予想される3種類の株(Aソ連型、A香港型、B型)が含まれています。ワクチン製造に用いるウイルス株の選定は、毎年どのようなウイルスが流行しそうかを予測し、決定されています。

シーズン Aソ連型株 A香港型株 B型
今シーズン
2008~2009
A/ブリスベン/59/2007(H1N1) A/ウルグアイ/716/2007(H3N2) B/フロリダ/4/2006
昨シーズン
2007~2008
A/ソロモン諸島/3/2006
(H1N1)
A/広島/52/2005
(H3N2)
B/マレーシア/2506/2004
(ビクトリア系統)

※今シーズンは、3種類の株すべてが変更されています。

接種しないほうがよい場合

  • 発熱している。
  • 重い急性疾患にかかっている。
  • アレルギーを持っている