忘れずに麻疹・風疹の予防接種をうけましょう!

213号 2018年 8月 22日

予防接種をまだうけていないかたは、ぜひ予防接種をうけましょう。

麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン)接種対象年齢

  • 第1期の予防接種
    生後12月~24ヶ月未満(1歳~2歳未満)
  • 第2期の予防接種
    5歳~7歳未満の者で小学校に就学する前の年の1年間(2013年4月2日~2014年4月1日生)

予防接種を受けられないお子さん

  • 37.5度以上の発熱がある
  • 重い急性疾患にかかっている
  • アレルギーがある
  • 医師が不適当な状態と判断した場合

麻疹ワクチンを接種すると接種後5~14日を中心として、 37.5℃以上の発熱、軽度の麻疹症状などの副反応がみられる場合があります。その他にも、局所反応、熱性けいれん、じんましんなどが現れることもあります。いずれもほとんどが一過性です。

※平成7年3月までは、接種の対象は中学生の女子に限られていて回数も1回だけでした。女性でも免疫が落ちている人がいます。特に30代~50代の男性は風疹のワクチンを一度も接種していない場合があり、免疫がない人が多くいます。そのような場合はMRワクチンの接種が必要です。ワクチンの接種を受けましょう。ただし、妊娠中の場合はワクチンの接種を受けることはできません。