2016~2017年シーズンのインフルエンザワクチン株について

191号 2016年 9月 20日
沖縄県感染症サーベイランス担当 真栄田 篤彦

2016~2017年シーズンのインフルエンザワクチン株が決定しました。

先シーズンから、日本でも4価の「インフルエンザワクチン」が使われることになりました。これまで3価(A型2株 + B型1株)であったワクチンが、B型インフルエンザのワクチンを1種類追加することで4価(A型2株 + B型2株)になります。3種類から4種類に増やすことでインフルエンザワクチンの有効率がさらに上がります。

季節性インフルエンザの流行時期は12月~3月です。流行時期のひと月前に予防接種を済ますことが理想です。季節性インフルエンザにそなえて予防接種を受けましょう。予防接種の回数については、医師にご相談ください。

シーズン 新型インフルエンザ A香港型株 B型株
今シーズン
2016~2017
A/カリフォルニア/7/2009(X-179A)(H1N1)pdm09 A/香港/4801/2014(X-263)(H3N2) B/プーケット/3073/2013(山形系統)
B/テキサス/2/2013(ビクトリア系統)
昨シーズン
2015~2016
A/カリフォルニア/7/2009(X-179A)(H1N1)pdm09 A/スイス/9715293/2013(NIB-88)(H3N2) B/プーケット/3073/2013(山形系統)
B/テキサス/2/2013(ビクトリア系統)

 

接種しないほうがよい場合

  • 発熱している。
  • 重い急性疾患にかかっている。
  • アレルギーを持っている

家に帰ったら、必ず手洗いとうがいをしましょう!しっかり食べて、ぐっすり寝て体力をつけましょう!