子どもの肥満 ~食事編~

52号 2005年9月20日
沖縄県感染症サーベイランス担当 真栄田 篤彦

 夏の暑い間、食欲のなかった子どもも涼しくなると食欲を回復します。子どもの食欲が旺盛なのはいいことですが、食べ過ぎによる肥満に気をつけましょう。

おやつ

 テレビを見たりゲームをしながらおやつを食べると、多くなりがちなので気をつけます。子どもにとって、昼食と夕食の間隔は長いので、おやつは必要です。ただし、おやつは時間と量を決めましょう。

肥満になりやすい習慣 (ダメな習慣)

  • 朝食をきちんと取らない。夜遅く塾から帰って、一度にたくさん食べる。
  • ふだんの食事でインスタント食品をよく利用する。
  • 水がわりに炭酸飲料・清涼飲料を飲む。
  • スナック菓子を買い置きしている。
  • ファーストフード店などで外食をよくする。

 子どもの肥満は遺伝によることは少ないのです。肥満の先には子どもの生活習慣病が待ち受けています。

 子どもの食生活の改善には大人の協力が不可欠です。家族で食事の取り方を考えて、家族全体の健康づくりに役立てましょう。