A香港型の流行と迅速診断キット

56号 2006年1月27日
沖縄県感染症サーベイランス担当 真栄田 篤彦

A香港型の流行

 A香港型インフルエンザが流行しています。 1月24日の感染症情報センターの発表によると、A型が検出数の99%を占めています。

----------------------
Aソ連型  76件 17.4% A香港型 357件 81.9% B型    3件  0.7% ---------------------- 合計   436件 ----------------------

 1月19日に那覇市で「インフルエンザ流行注意報」が発令されました。今年のインフルエンザは、4月頃まで流行が続きそうです。

インフルエンザ迅速診断キット

 従来のインフルエンザ診断では、急な発熱、関節痛などの症状、流行の有無などを参考にして診断してきました。

 現在は、迅速診断キットを使うことが多くなりました。検査方法は鼻に綿棒を入れて鼻汁を採取します。 15分程度で診断結果がわかります。

 西町クリニックでも、迅速診断キットを使っています。「ふつうの風邪とはちょっと違うかも?」とご心配の方は、医師にインフルエンザ診断についてご相談ください。

 インフルエンザの症状がでたら、早めに病院で診察を受けましょう。高熱がでてから10時間以内に抗インフルエンザ薬を服用すると早く治癒します。