麻疹(はしか)について

64号 2006年 10月 20日
沖縄県感染症サーベイランス担当 真栄田 篤彦

 麻疹(はしか)は麻疹ウイルスの空気感染によっておこる感染症です。

 初期症状として発熱、咳、鼻水、結膜炎が出始めます。特に咳が強くなります。ほとんどの人が、1週間から2週間程度で治ります。

 予防接種の有効率は90%以上です。 1歳を過ぎたら早めに予防接種を受けましょう。

麻疹の症状

 麻疹ウイルスに感染すると、カタル期→発疹期→回復期と症状が進んでいきます。

  • カタル期
    発熱(38℃以上の高熱)、鼻水、咳がでます。 3~4日目頃、口内に白いあわ粒状のコプリック斑が現れてきます。
  • 発疹期
    一度熱が下がると、再び熱が出て今度は高熱になります。同時に、耳の後ろから始まって全身に赤い発疹が出てきます。合併症が起こりやすく最も辛い時期です。
  • 回復期
    熱が下がり始め、発疹も消えていきます。発疹の跡は銅褐色の変色が残りますが1~2週間で消えます。

※下痢、口内炎、脱水、肺炎、中耳炎、気管支炎、けいれんの症状が出ることがあります。

麻疹のケア

  • 食事
    かまずに飲み込めるような食事を用意してあげましょう。 熱いもの、塩味や酸味の強いものは控えましょう。
  • 水分
    水分を十分にとりましょう。麦茶、イオン飲料などを与えましょう。水分をとれない場合は少量づつ頻繁に与えましょう。
  • 入浴
    入浴は控えて、体を拭く程度にしてください。
  • 換気
    部屋は20℃くらいにし、時々換気をしてください。咳が激しいときは加湿しましょう。
  • 幼稚園、学校
    熱や痛みがなく、症状が落ち着いても、体力をかなり消耗しているので、さらに数日程度はお休みが必要でしょう。学校保健法での登校基準は「発疹に伴う発熱が解熱した後、3日を経過するまで出席停止とする。」となっています。