インフルエンザ流行中

80号 2007年 11月 19日
沖縄県感染症サーベイランス担当 真栄田 篤彦

 沖縄県では3年連続で、毎月のインフルエンザ感染が報告されています。(11月19日現在) 現在の流行は「A/H1ソ連型」が主体です。第43週目のインフルエンザ感染報告数は去年の約30倍です。

 流行しているインフルエンザのタイプが変わったので、春までにインフルエンザにかかった人でも、現在、流行しているインフルエンザ(A/H1ソ連型)に感染することがあります。

 インフルエンザワクチンはA/H1ソ連型にもA/H3香港型にも対応しています。インフルエンザの流行にそなえて、インフルエンザワクチンの予防接種を受けましょう。

マスクによるインフルエンザの予防

  • インフルエンザ発症率
     登下校時と掃除の時間に
     マスクをした場合    ■■2.0%
     マスクをしない場合   ■■■■■■■■■■9.7%
    マスクをした場合の発症率は、しない場合の約1/5に抑えられます。

ひろげるなインフルエンザ ひろげよう咳エチケット

「咳エチケット」を守りましょう

  • 咳やくしゃみをする時はティッシュなどで口と鼻を押さえる
  • 咳やくしゃみをしたら、手を洗う
  • 使用したティッシュはゴミ箱に捨てる
  • マスクをする

テレビに紹介されました

 11月13日(火)フジテレビ・朝の情報番組「とくダネ!」のインフルエンザ情報で、西町クリニックが紹介されました。