インフルエンザ予防接種、麻疹0(ゼロ)プロジェクト

24号 2002年10月23日
沖縄県感染症サーベイランス担当 真栄田 篤彦

 11月1日から65歳以上の高齢者に対し市町村が接種料金を負担して、インフルエンザの予防接種がスタートします。高齢者だけでなく、市民の多くの方がワクチンを受けることをお勧めします。

 特に1才前後のお子さんがインフルエンザに罹患しますと、重症化します。ワクチンを受けますと、インフルエンザにかからなくてすみます。たとえ、かかったとしても重症化を避けることができます。

麻疹0(ゼロ)プロジェクト

 昨年4月より沖縄県内に麻疹の発生をゼロにするべく、「麻疹0(ゼロ)プロジェクト委員会」を立ち上げました。主催は沖縄県小児保健協会、沖縄県小児科医会、日本小児科沖縄地方会、及び沖縄県医師会です。参加団体は沖縄県行政(保健所、健康増進課)、保育所団体、マスコミ関係団体、その他となっております。

 沖縄県は全国一麻疹発生患者が多い地域です。県内での麻疹予防接種率を95%まで高めるために諸々の運動を展開していきます。現在、県内の麻疹予防接種率は71%です。

 私もこの委員会の一員(県医師会)として頑張って行きます。
皆様のご協力・ご理解をお願いします。