児童精神科医療の充実を

7号 2000年5月26日
沖縄県感染症サーベイランス担当 真栄田 篤彦

児童精神科医療の充実を

厚生省は「健やか親子21」検討会のなかで「思春期の保健対策の強化と健康教育の推進」について議論をし、思春期のメンタルヘルス対策として、児童精神科医療の充実に取り組む必要性があげられた。

「健やか親子21」とは、21世紀の母子保健について10年後の目標値を設定し、国民運動として展開していく予定。思春期の保健対策をめぐって、学校と関係機関、保健所等との連携を積極的に推進する必要性があるとの意見があがっている。

ポリオワクチンに接種による健康被害か?

今年4月、福岡県でポリオワクチン予防接種を受けた女児が死亡、男児が無菌性髄膜炎を発症したケースについて、厚生省は専門家を6人派遣し調査に乗り出した。

厚生省は、全国の都道府県に対し、因果関係がはっきりするまで「製造ロット番号39」ワクチンの接種を見合わせるよう通達している。

結核集団感染 82名に

名古屋市の公立高校の教諭から、同校の職員・生徒4名が結核を感染し、発病した。その他78名にも感染した疑いがあるとした。

学校内における集団結核感染はこれからもありえることなので、学校現場での感染症対策を早急に立ち上げてほしいと思う。